(動画)NGT48荻野由佳「感じることはたくさんあります」速報“2年連続1位”…本開票目前に心境告白<第10回AKB48世界選抜総選挙>

【荻野由佳/モデルプレス=6月15日】「第10回AKB48世界選抜総選挙」がいよいよ6月16日に開催される。2年連続の中間速報1位で注目を集める、NGT48の荻野由佳が14日、自身のInstagramにて心境をつづった。 (写真 : 荻野由佳 (C)モデルプレス) モデルプレスが推したい“モデルプレス選抜”今年の20人◆荻野由佳、AKB48選挙速報2年連続1位 昨年速報1位で“大番狂わせ“と騒がせた荻野。埼玉県出身の19歳で、バイトAKBとしての活動を経てドラフト会議で指名を受けNGT48のメンバーに。昨年は速報発表で一躍脚光を浴び、自身2度目の総選挙でNGT48メンバーの中で最上位の5位となった。 今年も去年同様1位で名前を呼ばれ、発表をNGT48劇場で見守っていた彼女は号泣した。◆荻野由佳、総選挙直前に思いつづる「感じることはたくさん」 この日、総選挙の会場となるナゴヤドームでのリハーサルを終えたという荻野は「今まではあまり深く考えすぎないようにしていました、考えすぎると他ができなくなってしまいそうで。でも、こうして今日ほとんどのメンバーが集まってリハーサルをして、ナゴヤドームへ行って、ついに物凄い緊張を感じています」と心境を報告。 「大きな順位と自分の実力が伴っていないとの声もたくさんありました。もちろん自分でも感じることはたくさんあります」とした上で「でもこの順位を頂けたからこそ出会えた方もたくさんいます。今の私がいます。本当に本当に、すごく感謝をしています」とファンへの感謝を表した。 「まだまだかもしれないけど、全てをかけてまでアイドルになりたかった、そして今なれている、友達、家族を残して新潟に来た!」とアイドルという人生にかける思いをつづり、「100点にはまだまだできない、でも、100%なら出来た!胸張って今年も言いきれます」と続けた荻野。 「明後日、どんな結果になるかわかりませんが、皆さんから頂いた愛を1つも手放さない約束をします」と強い思いを明かし、「新潟の皆さん、NGTはナゴヤドームで満開の笑顔を咲かせ、胸を張って出来るだけ多くのトロフィーを持ち帰れることを願っていて下さい」「私たちは、新潟を背負って堂々とナゴヤドームに立ちます」とNGT48を背負う身としての決意も。 「正直 すごくプレッシャーを感じていますが、すごく楽しいです。いつも通りいられるのは、普段から笑顔にしてくれる皆さんのお影です。今だけは、たくさん気負わせてください私に背負わせてください。私からの、わがままです」と締めくくっている。◆<Instagramコメント全文> 名古屋でのリハーサルが終わりました! あとは明日のリハーサルだけで明後日は本番…。 今まではあまり深く考えすぎないようにしていました、考えすぎると他ができなくなってしまいそうで。でも、こうして今日ほとんどのメンバーが集まってリハーサルをして、ナゴヤドームへ行って、ついに物凄い緊張を感じています。 私は、3度目の総選挙です!前回は2度目で5位という私には大きすぎるくらいの順位を頂きました。 今年も速報1位という、大きな順位と自分の実力が伴っていないとの声もたくさんありました。もちろん自分でも感じることはたくさんあります。 でもこの順位を頂けたからこそ出会えた方もたくさんいます。今の私がいます。本当に本当に、すごく感謝をしています。 私、まだまだです、まだまだかもしれないけど、全てをかけてまでアイドルになりたかった、そして今なれている、友達、家族を残して新潟に来た!ふーん。そうなんだ。と思う方もいると思いますが、私にとっては大きく人生を変えた事でした。大きな決断でした。アイドルになれたからといって成功するかしないかなんて分からない、だからこそ両親も私を新潟に1人で送り出す事は物凄く不安だったと思います。人を楽しませたい、笑顔にしたい、喜んでほしい、この気持ちに歴は関係ないかなと思いました!100点にはまだまだできない、でも、100%なら出来た!胸張って今年も言いきれます。楽しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと、すべてを含めて、そう言いきれます。 明日の15時で投票は締切となりますが、1票でも私に投じて下さった方、私の夢の実現の為に、一生懸命になって下さり 本当に本当にありがとうございます。たかが1票かと思われるかもしれませんが私にとっては大きな愛です!明後日、どんな結果になるかわかりませんが、皆さんから頂いた愛を1つも手放さない約束をします。どんな結果になろうと、お互い後悔だけはしないように…。 終わったから、やり切ったね!!って、言い合えたらそれで幸せです。 新潟の皆さん、NGTはナゴヤドームで満開の笑顔を咲かせ、胸を張って出来るだけ多くのトロフィーを持ち帰れることを願っていて下さい。今はものすごくドキドキしています。もちろん総選挙が全てではありません。でもこのAKBグループの大きな総選挙というお祭りに参加させて貰っているのだから…。 こんな気持ちになることは、一年に一度しかないのだから! 私たちは、新潟を背負って堂々とナゴヤドームに立ちます。応援してください!正直 すごくプレッシャーを感じていますが、すごく楽しいです。いつも通りいられるのは、普段から笑顔にしてくれる皆さんのお影です。今だけは、たくさん気負わせてください私に背負わせてください。私からの、わがままです。◆「第10回AKB48世界選抜総選挙」史上初の“世界選抜”に 第1回(2009年)と第3回(2011年)は前田敦子、第2回(2010年)と第4回(2012年)は大島優子、第5回(2013年)は指原莉乃、第6回(2014年)は渡辺麻友がセンターを獲得。その後、第7回(2015年)、第8回(2016年)、第9回(2017年)と指原が3連覇を成し遂げた。 今回の総選挙が記念すべき10回目となることから、初めての試みとして、正式名称を『AKB4853rdシングル 世界選抜総選挙』とし、海外の48グループメンバー(インドネシア・ジャカルタの「JKT48」、タイ・バンコクの「BNK48」、台湾・台北の「TPE48」)にも立候補権を付与。選ばれた16名は“世界選抜”となることが発表された。これまでにも国内&海外グループ兼任メンバーの出馬はあったが、本格的な選抜総選挙参加は初。全グループから339人が立候補した。 また、毎回80位までが当選となるが今回は記念枠として20名をさらに追加し、全部で100名までが当選。AKB48の53枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計6ユニット総勢100名を、ファンの投票によって決定する。 投票受付の締切は6月15日午後3時。翌16日に愛知県・ナゴヤドームで開票イベントが行われる。(modelpress編集部)■AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 名称 AKB4853rdシングル 世界選抜総選挙 ※別名:第10回AKB48世界選抜総選挙 当選 ・53rdシングル 世界選抜メンバー:16名(1位~16位) ・アンダーガールズ:16名(17位~32位) ・ネクストガールズ:16名(33位~48位) ・フューチャーガールズ:16名(4

Copyright © 2018 NGT48 まとめのまとめ All Rights Reserved.

続きを読む


ケアプロスト